ベアリング玉同士の接触を防ぐ保持器で囲ったベアリング構造は約500年程前、レオナルド・ダ・ヴィンチにより発明されました。
この保持器を用いて玉間隔を一定に保持する機構は今現在に至っても変わることなく使われています。

保持器を用いたボールベアリングが世に出てから時を経ること500年、ついに理想的なベアリングの動作を可能にする技術として
ADB(Autonomous Decentralized Bearing / 自律分散式転がり軸受) が発明されました。[特許:JP,US,CN 登録済]
ADBは保持器を使用せずに玉同士を自律的に分散させ非接触にする画期的な新しいベアリング技術です。

ADBは保持器なしで回転中の玉が自律的に分散し玉同士が非接触の状態を実現します。

これにより保持器に起因するほとんどの問題が解決され、極めて低摩擦での省エネルギー高効率・高速回転性能、耐荷重性、オイルフリーでのメンテナンス性、保持器スペースの解放による設計自由度等が向上し、より小型・軽量のベアリングの採用も可能にします。

ADBのより詳しい説明や特徴については以下をご覧ください
ブレイブラHP

7,000円以上の購入で
配送料無料